2006年08月19日

サカつくONLINE概要

オンライン対戦

・ライバルは全国のプレイヤー+既存のクラブチーム?
・プレイヤーは新興サッカークラブの代表として『サカつくONLINE』の舞台である欧州6ヶ国から参加国を選択。
・人事、経営、試合をこなし、3万ものクラブで構成される『サカつくONLINE』ワールドを舞台に、欧州サッカー完全制覇を目指す!

ゲーム進行

・『サカつくONLINE』は、自動的にゲーム時間が進行するシステムを採用。
・ログアウト中でもサーバ側で全プレイヤー一律にスケジュールが進む。
・設定された練習や戦術、スカウト派遣等は自動的に処理。


コミュニティ機能

・他のプレイヤーとの同盟機能。
・同盟の仲間とウェブコミュニケーション機能による情報交換。
・選手のトレード。


プレイヤー専用の「マイページ」

・プレイヤー専用の「マイページ」を提供。
・マイページからは自クラブ詳細情報の把握、ライバルクラブの研究ができる。


登場選手

・総勢27000名もの選手が登場予定。
・世界中で活躍する約9000名の実名選手。
・実際の国際大会で脚光を浴びた選手のパラメータは定期的に見直しを行い、常に最新の選手データでプレイすることができます。


リーグ戦

・プレイヤーは16クラブで構成されたリーグ戦で、順位争いを行います。
・シーズンの最終成績によってディビジョンを昇降格しながら、6ヶ国の頂点を決めるチャンピオンズカップ出場を目指す。
・ディビジョンが上がれば収入も増える。


カップ戦

・賞品アイテムを奪い合う。
・カップ戦はいつでも自由に参加できる。
・カップ戦を制するに連れ、賞品が一段と豪華になったグレードの高い大会に挑戦できる。

欧州6カ国リーグの特徴

Englandflag.bmpイングランド
経営・・・B 育成・・・C 選手発掘・・・C

育成面、経営面はまずまずだが、選手の発掘・交渉には難あり。特に海外選手の獲得は不得手のため、自国選手を重用しつつ、クラブ強化をする必要がある。
また、中盤に重きをおき、攻守の切り替えの速さを特色としたスタイルが主流。
中盤のMFを強化するカードや、スピードを強化するカードが手に入りやすい。

Franceflag.bmpフランス
経営・・・E 育成・・・A 選手発掘・・・B

選手の育成にかけては他の追随を許さない。しかし経営面は厳しく、効率的に育成した選手を高く売り、資金を確保することがポイントとなるだろう。
また、選手の基礎能力を重視し、フィジカルの高さを活かした力強いスタイルが主流。
フィジカルを強化するカードと、フィジカルを活かしたMF、DF能力を強化するカードが手に入りやすい。

Netherlandsflag.bmpオランダ
経営・・・D 育成・・・C 選手発掘・・・A

資金力には乏しいが、選手の発掘や交渉は得意。獲得した若手選手をトレードに出して、クラブ運営資金を確保していこう。
また、選手個人の能力とチームとしての統率力を意識した、総合的なサッカーが主流。
攻守共に平均的に強化することの出来るよう、両方のカードが手に入りやすい。

Germanyflag.bmpドイツ
経営・・・C 育成・・・C 選手発掘・・・C

安定した観客動員を誇り、雇用・育成・経営の全ての面でバランスが取れている。どんな戦略でクラブを運営していくかはプレイヤー次第。
また、優秀なGKの能力と、1対1における強さを活かした堅実なスタイルが主流。
フィジカル、メンタルなどの基礎能力強化と、GK能力を強化するカードが手に入りやすい。

Spanishflag.bmpスペイン
経営・・・B 育成・・・D 選手発掘・・・C

観客動員、スポンサー収入とも安定しており、経営面は良好。但し育成面には難があるので、海外選手でのチームを強化がカギとなる。
また、選手個人のテクニックの高さを活かした、超攻撃的なサッカースタイルが主流。
攻撃面のテクニックとスピード強化や、サイドアタックを意識したカードが手に入りやすい。

Italyflag.bmpイタリア
経営・・・A 育成・・・D 選手発掘・・・D

十分なスポンサー収入が得られるため、資金面では圧倒的に有利。しかし選手の育成、発掘は多くを期待できないため、積極的な補強が必要になる。
また、強いプレス能力をもつ屈強さと、強固なディフェンスを活かしたカテナチオスタイルが主流。
フィジカルとディフェンス能力の強化に偏り、守備能力全般を強化するカードが手に入りやすい。

posted by さかつく浦添 at 09:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | サカつくONLINE
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/subjectofexperiment/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/subjectofexperiment/?mode=edit&title=%3FT%3FJ%3F%3F%3F%3FONLINE%28%3FI%3F%3F%3F%3F%3FC%3F%3F%29%3F%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fsakatukuonline%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/subjectofexperiment/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2006年08月20日 01:08
Posted by 林田欣也 at 2006年08月21日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22533095

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。